自動電話通報装置BBee110

自動電話通報装置BBee110 販売終了品

自動電話通報装置BBee110

 

BBeeホームセキュリティ警報機からの指示を受けて予め登録された電話番号へ緊急自動通報を行います。

 

ご家庭や事務所、店舗に既に敷設されている固定電話回線に接続して、警戒モード中に防犯センサー、火災センサーなどが感知した際、予め登録された携帯電話などの電話番号へ異常事態を報せるアナウンスを流す追加オプション機器です。

 

機械が既設の電話回線を使って内部のメモリに登録された電話番号へ自動的に電話をかけます。
既にお持ちの電話を一次的に使って通報する仕組みです。 専用の電話回線は必要ありません。
※1先に報せる度に10円程度(固定電話へ通報する場合)の電話料がかかる運用イメージとなります。

 

 

自動電話通報装置BBee110

 

 

ISDN回線、ADSL回線、NTT光電話にも対応。通報先はご自分で簡単に登録できます。携帯電話への通報も可能です。
通報先はご自分で簡単に登録できます。携帯電話への通報も可能です。
電源はAC100V。(家庭用コンセント)

 

ご注意
本製品は外線電話専用になっております。ビジネスホン、内線電話、PBX交換機、ホームテレホンの入った電話には接続できません。

 

 

仕様

接続して使用できる電話回線。
一般公衆回線 トーン式回線またはダイヤル回線。
ISDN回線や光電話回線のアダプター、ルーターのアナログポート。
ADSL回線のスプリッター、アナログポート。
光電話回線(アナログ電話機で通話の出来る回線) ※NTT以外のIP光電話回線は使用出来ない場合があります。
※ビジネスフォン、内線電話、PBX交換機、ホームテレフォン、ゼロ発信電話には接続して使用出来ません。IP電話専用の電話機しか利用できない電話回線では使用できません。

 

電話回線極性反転:極性自動反転機能
入力:接点入力端子4個付属(無電圧a接点入力)
無電圧a接点信号、普段は開放している接点で、外からの指示が入ると閉じる接点です。
無電圧a接点
普段は開放している接点で、外からの指示が入ると閉じる接点です。

 

無電圧a接点

 

 

出力:電話通報出力 録音音声メッセージを音声で通報(吹き替え可能)
電源:AC100V (※単相AC200Vで使用できる変換ボックスを追加することも可能です。ご予算はご相談ください。)

 

 

登録モード-通報先の電話番号の設定など。
BBee110の接続されている電話番号へ、携帯電話やスマートホンから電話をかけて設定作業を行います。 携帯電話を使うと作業が簡単に行えます。
※設定作業にはパソコンやパケット通信機能などのサービスは必要ありません。

 

 

接点信号による通報先電話番号の件数:最大5先まで
電話番号を5箇所まで登録して、外で通報を受けることができます。
話中検出−話し中を自動検知し、次の通報先へ進みます。

 

リダイアル回数 :0(リダイアル無し)、3回(出荷設定)、10回のいずれかを選択できます。

 

通報先電話回線:一般電話、携帯電話、PHS

 

留守番電話対応 留守電にメッセージ残し次の通報先へ進む。

 

暗証番号の変更 登録モードに入る際のパスワードを変更できます。

 

表示内容
液晶(設定確認、時計(月・日・時:分:秒)
赤LED=warning(無線信号受信中) 青LED=phone(電話通報中)

 

電源:AC100V (50Hz/60Hz) 又はDC12V
消費電力:待機中 約 168 mA 通報中 約 233 mA
使用温度:−5度〜+40度 RH65% ※ 但し直射日光下の設置は不可
保存温度:−10度〜+60度 RH65%
サイズ:180x135x35 (mm)
重量:約350 g

 

 

 

BBee110の通報が行われた時にかかる電話料金に目安)
本製品は、通報機BBee110に無電圧a接点信号が入力されると、 既に敷設されているNTT回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光電話)など固定電話回線を通報の時だけ一時的に使って自動連絡を行います。
電話回線は一次使用するだけですので、BBee110専用の固定電話回線は必要ありません。

通報時に流される音声アナウンス

音声メッセージ録音時間:約6秒間
音声通報メッセージは以下の3つのメモリーに分けて登録されています。

 

@ ○○○○ 2秒間
A △△△△ 2秒間
B □□□□ 2秒間

 

通報メッセージは、@ABの連続したフレーズで流れます。(合計約6秒間)

 

@ABは別々に音声のお客様で吹き替えができます。
※ABは接点1〜接点4まで共通の音声アナウンスです。

 

 

出荷の際に登録されている音声アナウンス。
接点1 @”侵入発生” A ”無音” B”至急確認してください”
接点2 @”火災発生” A”無音” B”至急確認してください”
接点3 @”非常警報” A ”無音” B”至急確認してください”
接点4 @”緊急警報” A ”無音” B”至急確認してください”

 

 

出荷時の初期設定
接点1の警報アナウンス→ @侵入警報(約2秒間)、A無音(約2秒間)、B至急確認してください(約2秒間)
『侵入警報  至急確認してください』と流れてきます。

 

 

(音声アナウンスの吹き替え例1)
接点1の
@”侵入発生”を”接点1”に吹き替えます。
接点1の出荷時のメッセージが以下のように変わります。
『侵入発生 至急確認してください』 → 『接点1 至急確認してください』

BBee110通報動作の例

通報先番号の登録−5箇所登録してある場合。
1番.09011111111
2番.09022222222
3番.09033333333
4番.09044444444
5番.03555555555

 

接点(1〜4)毎にメッセージ内容を吹き替えることができます。
さらに、接点毎に通報先を5つの中から選択することができます。

 

以下 設定の例。音声アナウンスは出荷状態のまま。

 

接点1(有線信号1)に信号入力があった場合。
通報先2箇所 1番:09011111111 → 3番:09033333333。
流れるメッセージ @侵入発生、A至急確認してください。

 

接点2(有線信号2) に信号入力があった場合。
通報先3箇所 1番:09011111111 →3番:09033333333 →5番:03555555555。
流れるメッセージ @火災発生、A至急確認してください。

 

接点3(有線信号3)に信号入力があった場合。
通報先2箇所 4番:09044444444 → 5番:03555555555。
流れるメッセージ @非常警報、A至急確認してください。

 

接点4(有線信号4)に信号入力があった場合。
通報先2箇所 3番:09033333333 → 1番:09011111111。
流れるメッセージ @緊急警報、A至急確認してください。

 

※通報順番を変更することもできます。

 

※接点1〜4のを吹き替えることもできます。
接点信号1の入力 音声パート@”侵入発生”→”接点1”へ吹き替えする→ ”接点1 至急確認してください”の音声アナウンスが流れます。
接点信号2の入力 音声パート@”火災発生”→”接点2”へ吹き替えする→ ”接点2 至急確認してください”の音声アナウンスが流れます。
接点信号3の入力 音声パート@”非常警報”→”接点3”へ吹き替えする→ ”接点3 至急確認してください”の音声アナウンスが流れます。
接点信号4の入力 音声パート@”緊急警報”→”接点4”へ吹き替えする→ ”接点4 至急確認してください”の音声アナウンスが流れます。

 

 

異常通報を受けた人は、次の通報を停止することができます。
通報を受けて、次の通報先並びにリダイアルを停止することができます。
アナウンスを聞き終えてから、#を2回押すと通報が停止します。

BBee110と電話回線との接続イメージ図

BBeeホームセキュリティ警報機本体とご自宅の電話回線の接続口の間に設置するイメージとなります。

 

 

BBeeホームセキュリティ本体と接続する接続用リード線1本付属
BBeeホームセキュリティ警報機本体と接続する接続用リード線1本付属。

 

BBeeホームセキュリティAタイプ,Cタイプ警報機本体とのBBee110電話通報機の接続写真
BBee-Aタイプ,Cタイプ警報機本体とのBBee110電話通報機の接続写真。
BBee本体裏側の端子にBBee110から出ている2芯ケーブルを差し込んで固定します。

 

 

BBeeホームセキュリティ-Dタイプ警報機本体との接続写真
BBee-Dタイプ警報機本体との接続写真。

 

 

一般公衆電話回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図
一般公衆電話回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図

 

一般公衆電話回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図

 

 

ISDN回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図
ISDN回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図

 

ISDN回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図

 

 

ADSL回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図
ADSL回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図

 

ADSL回線とBBee110の繋ぎ方のイメージ図

 

 

BBee110の内部写真
BBee110の内部写真

 

電話通報機へつなぐモジュラーケーブル
電話通報機へつなぐモジュラーケーブル

自動電話通報機BBee110の登録モードの入り方

電話通報機BBee110が接続されている固定電話番号に携帯電話やスマートホンから電話をかけます。
携帯電話やスマートホンのキー操作で通報先、タイマー時間などの各種設定を行います。
ハンズフリーにして入力すると音や入力文字の正誤を液晶画面で確認出来るので便利です。

 

登録モードへの入り方
登録モードに入る時はBBee110だけが電話回線に繋がっている状態で行ってください。電話の留守番電話機能、転送機能、FAXを一次止めてください。

 

以下
BBee110が接続されている電話番号が111−1111−1111の場合の操作例です。

 

@携帯電話から電話をかけます。
111−1111−1111番へ

 

A携帯電話からBBee110通報機が接続されている電話番号へ電話をかけると、携帯電話の受話器から呼び出し音 ?トゥルルル音(約60秒)? が聞こえます。60秒間経過後、『モデムモード』というアナウンスが携帯電話に流れてきます。

 

B『モデムモード』のアナウンスが流れたら、掛けた携帯電話機のキー操作で暗証番号 初期値=1234、を♯で挟んで、♯1234♯と入力します。
ハンズフリーの携帯電話のボタンでキー操作を行うと、受話器からピッ・ピッツと押したボタンに対応した音が聞こえてきます。
音を確認しながらキー入力操作を行うと、より正確な入力操作をすることができます。

 

 

C暗証番号が一致すると『登録モード』と音声メッセージが携帯電話機に流れてきます。
これで登録モードに入りました。続けて通報先などの設定を行うことができます。

 

D登録モードの終了方法  
##を押します。 正しく登録が終了した場合の##は電話が自動的に切れます。
電話が自動的に切れない場合でも、そのままにしておくと約1分後に登録モードが自動的に終了します。

通報先の電話番号を登録します。

異常が起きた時の電話番号をシステム本体に登録する。

 

例えば、携帯電話通報先 090−1234−5678 を第1通報先に設定する場合
登録モードに入ってから、 
#042#1#09012345678#
と入力すると電話番号が登録されます。

 

 

接続電話回線(BBee110が接続される電話回線)の種別の選択設定
安否通報機が接続されるご自宅の電話の種別を登録します。出荷時はトーン式(プッシュ式)に設定されています。トーン式の場合は設定変更の必要はありません。

 

 

初期設定値の変更方法。
安否システムを接続したご自宅の電話回線の種別の選択、設定してください。トーン式もしくはダイアル式。
※電話通報が入ってこない場合の多くは電話の種別があっていないことが原因です。

 

 

電話通報テストを行います。
電話通報機BBee110を警報機に接続する前に、電話通報機単体で電話がかかってくるかどうかを確認します。
登録モードを終了します。BBee110から出ている2本のリード線を接触させると、電話通報機BBee110単体で電話通報動作が作動します。
登録された電話番号へ正常に電話がかかり、アナウンスが流れれば登録作業は完了しています。

 

 

 

設定作業が全て終わったら電話機を元に戻します。
設定作業が全て終わったら、電話機を元に戻して接続します。留守番電話機能、転送機能なども元に戻してください。電話機が正常に通話(発信、着信)、FAXができるかどうか確認してください。

自動電話通報装置BBee110への質問

構内PHSシステムの中で使っているPHSに自動通報できますか?

 

NTT東日本のひかり電話ですが、御社の自動電話通報装置BBee110は接続できますか?

 

うまく登録モードに入れません。何が原因でしょうか?

 

かかってきた電話に出れなかった時にBBee110からの緊急連絡か普通の電話かを識別できますか?

 

電源ケーブル接続用の端子台が自動電話通報機BBee110の中に内蔵されているのでしょうか?

 

通報先全員への通報メッセーシはすべて「非常警報」を考えています。

 

着信しますが音声アナウンスの声が聞こえてきません。なぜでしょうか?

 

無電圧b接点信号で自動電話通報機BBee110の動作をスタートする事は出来ませんか?

 

接続された接点信号が何回も入力オンオフされるとどうなりますか?

 

電話通報機BBee110の各種設定操作の流れ。

 

自動電話通報システムBBee110で、停電発生を携帯電話に報せることはできますか?

 

通報先の内1カ所だけに電話がかかってきません。考えられる原因はなんでしょうか?

 

登録した電話番号の通報する順番を任意で変更可能ですか?

 

通報動作を行っている最中に他の接点が作動した場合の通報動作はどのようになりますか?

 

緊急電話通報を受けた携帯電話機、スマートホンのキー操作で##と入力しても緊急電話通報が止まりませんがどうしてでしょうか?