赤外線センサー(モーションセンサー)

赤外線センサー(モーションセンサー) BBeeA,C,D

モーションセンサー
監視エリア内で人間や動物などの温度差を持つものが動き回るとセンサーが感知し警報機本体に無線送信(発信器内蔵)します。金庫室、事務所、社長室、その他夜間無人になる店舗にもおすすめします。周囲の空気と4度以上温度差があるものがセンサーの前を横切ると感知する仕組みになっています。
壁付けネジ止め式ワイヤレスなのでご自分で自由に設置位置を変更できます。
電池駆動(単3電池2個)。電池残量確認用赤色LED内蔵。

 

センサーには狭角遠距離型(a型)と広角近距離型(b型)の2種類があります。
モーションセンサーa型
検知角度 22度 距離 5〜8メートル以内
モーションセンサーb型
検知角度 110度 距離 〜5メートル以内

 

モーションセンサー

 

取り付け方法は簡単です。 赤外線センサーは付属のネジでまず壁などに裏蓋を固定し、その上から表蓋を被せるだけでokです。

モーションセンサーの誤作動の原因

警戒モード中にモーションセンサーが誤作動をおこす場合は一般に以下のような原因が上げられます。
1.窓からの風の吹き込み、カーテンの揺れ、観葉植物の葉っぱの揺れ。
2.エアコンの切り忘れなどによる室内の温度変化。温風、冷風が吹き出す→モーションセンサーが反応。
3.小動物が感知。(ペットのいる場所は不向きです。ネズミなど小動物にも感知する場合があります)
4.センサーのレンズの汚れ。
5.センサーが直射日光にさらされる場所に置かれた場合。特にセンサーのレンズに直射日光が当たる場合。(昼間-休日、外出時の警戒状態)
6.監視エリア内にFAXがある。(警戒中に熱い感熱紙が出てくるとそれに反応する。)
など。

 

上の点をご注意いただいてモーションセンサーの設置位置をご検討をください。