BBeeホームセキュリティCタイプ、留守中の防犯監視機能に加え非常ボタン、火災センサーも組み込むことができます。月々の警備料の要らない自主機械警備システムです。

BBeeホームセキュリティCタイプ-防犯機能に加え非常ボタン、火災センサーも組み込むことができます。

月々の警備料金なし! BBee-Cタイプ
月々の警備料の要らない買取式自主機械警備システムです。商品紹介と口コミ情報。
一戸建て住宅、マンション、アパートの空き巣対策、忍び込み(就寝中の防犯対策)。出店荒らし、事務所荒らし、金庫破りに。
留守中の防犯センサー以外に非常ボタン、火災センサーも組み込むことができます。

 

BBeeCタイプ警報機
据置型警報機BBee-Cタイプ
ネジ止め、コンセントにさすだけでOK。 センサー単体でブザーの鳴るだけの安価なシステムではありません。

 

出荷台数6000台突破!大人気商品です。
-警備会社採用商品-
信頼性の高い日本国内で生産されている本格派セキュリティシステムです。
ホームセキュリティを導入したいが家に傷を付けたくない。そんな皆様にも最適のシステムです。
ニーズに応じた様々なプランを簡単に構築できます。プランについてお気軽にご相談ください。
弊社は日本全国の法人様、個人様に、600セット以上の納品実績がございます。セキュリティシステム提案実績豊富な弊社担当者にご相談ください。

 

BBeeシルバー基本セット
BBee-C基本セット
警報機1台、無線式開閉センサー2個、 ON/OFF操作リモコン1個付属。
本格派ホームセキュリティ。大音量で泥棒を威嚇!室内の異常を周りに報せます。
侵入者を感知すると取り付けた開閉センサーが本体に電波を送信、100dBの大音量で泥棒を撃退します。
警報音で泥棒を威嚇します。オプションの電話通報器で、指定された電話番号へ外部通報もできます。
取付がとっても簡単! BBee本体は、壁にネジ止めで簡単設置。 面倒な取り付け工事、配線工事は一切必要ありません。

 

モード切替用リモコン
ON/OFF操作リモコン
防犯センサーの警戒モード、解除モードの切替を行う電池式リモコンです。
ボタン操作すると中で赤いLEDランプが光り、電波が送られたかどうかを確認できます。電池切れ確認ランプも兼ねています。
ボタン電池(CR2032)を使用。電池寿命は1日2回送信で約1年間です。サイズ縦60o×横36o×厚み13o
無線式リモコン操作で警戒モード、解除モードの切り替えを行います。
無線式リモコン操作で警戒モード、解除モードの切り替えを行います。IDコードで管理されていますので、同じ製品の他のセットと混信することはありません。

 

無線式開閉センサー
無線式開閉センサー
警戒モード中にセンサーを取り付けたドアや窓が開けられると電波を発信、BBee本体で警報アラーム音が鳴り響きます。開閉センサーは夜間お休み中に警戒モードを御利用いただける防犯センサーです。就寝中の強盗対策、痴漢変質者への威嚇、防犯対策に。
開閉センサーは、青、シルバー、黒、茶の4色から窓や扉の色に合わせてお選びいただけます。
誤作動の少ない信頼性の高い防犯センサーです。窓、片開きドア、引き戸など様々な場所の感知に使われています。

 

モーションセンサー
モーションセンサー(人感センサー、赤外線センサー)
電池式。ネジ2本で簡単設置。センサーをつけた部屋の壁や床の温度と泥棒や侵入者の体温の温度差で反応します。警戒モード中であればBBee本体で警報音が鳴り、侵入者を威嚇します。
狭角遠距離型(a型)と広角近距離型(b型)の2種類があります。

 

お見積もりのご依頼を無料で承ります。お見積もり書はFAXでも送信させていただけます。

 

スマートホンからのお問い合わせご質問
スマートホン、iPhoneからの商品のお問い合わせは下のお問い合わせボタンをクリックしてください。
スマートホンからのお問い合わせ
こちらをクリックしてください。

商品のお問い合わせとご注文は上の、お問い合わせ、のボタンをクリックしてください。お問い合わせ送信欄が開きます。パソコンでご覧の方も御利用いただけます。

 

ご注文ショッピングカートはこちら。
各機器の値段とご注文用ショッピングカートはこちら。

 

メールのお問い合わせ
メールで直接のお問い合わせはこちらをクリックしてください。

 

パソコン用のホームページはこちらをクリックしてください。
パソコン用のホームページはこちらをクリックしてください。

 

販売担当
株式会社LIBERO
937-0811
富山県魚津市三田3507-2
0765-24-2816
FAX:0765-24-2793

 

個人情報の取り扱いについて。
お名前、住所、メールアドレス、内容などプライバシーに関連するものは差し出し人の許可なく外部へは漏らしたり転用したりするような事はございません。