無線式開閉センサー(マグネットセンサー)

無線式開閉センサー(マグネットセンサー) BBeeA,C,D

無線式開閉センサー
扉や窓の開閉を検知し警報機本体に無線信号を送信する防犯センサーです。
中央部の赤LEDが点滅し、無線信号を送ったことを目で確認できます。 電源はボタン電池(CR2032)
センサーはドアや窓が閉まった状態から開いた状態に移行すると発報します。

 

ドアや窓に付属の両面テープで貼り付けます。テープは工業用の強力なものです。
電池寿命は1日数回送信で約2年間です。電池の交換は、両面テープを剥がすことなく簡単に行えます。
サイズ:縦約79o×横31o×厚さ11o 重量約23グラム
警戒中に悪戯目的でセンサーの蓋を外すと自動的に本体で警報を発する、蓋開閉検知機能付き。 電池残量確認用赤色LED内蔵。

 

無線式開閉センサー

 

開閉センサー本体と付属小型マグネットは、窓や扉をぴったり閉めたときにお互いに接触するような位置関係で貼り付けます。サッシの場合は枠側の側面に開閉センサー本体、反対側のガラス面などに磁石を付属両面テープで貼り付けます。センサー本体とマグネットの間に隙間が空いていると誤動作の原因になります。

 

開閉センサーを窓につける場合、防犯上、クレセントの鍵から離れたサッシの上部にセンサーを貼ると防犯上効果的です。 また結露のひどい場所では必ずサッシの上方に取り付けてください。